新渓園にて「浦安の舞」奉納

- Category - 結婚式

早春の候、倉敷市美観地区にある「新渓園」にて、神前挙式を執り行ない、浦安の舞を奉納いたしました。

 

明治26年、倉敷紡績の初代社長大原孝四郎氏の別荘として建設されたもので、和風建築として高く評価されました。
その後、広く一般に開放されて、市民の憩いの場として親しまれてきました。
現在は「敬倹堂(ケイケンドウ)」、本格的な茶室を備えた「游心亭(ユウシンテイ)」があり、広く市民に開放され、茶会の名所にもなっています。

倉敷観光WEBより引用