祝七五三詣

七五三詣とは

七五三詣とは

七五三は江戸時代の天和元年(1681)11月15日に第5代将軍である徳川綱吉の長男の徳川徳松の健康を祈って始まったとされています。
日本では古来より男女3歳で「髪置きの祝」「男児5歳に袴着の祝」、「女児7歳に帯解きの祝」をしています。そして、医学的にも3歳頃より言葉を理解し始め大きく発育します。その一方、お子さまの世界も広がり社会の危険や病気・ケガにも遭遇しやすくなります。3歳・5歳・7歳は「厄」でもあります。『7歳までは神の手の内』と言われる由縁です。
子供の穏やかな発育を神に祈り、先祖に感謝することは親心です。御両親はもちろん、御親族の皆様もご一緒にご参拝ください。
当神社では8月から節分まで七五三詣を受け付けております。
参照 『諸祭式要綱』 昭和40年 神社新報社/ウィキペディア
平成27年8月

 

祈祷貸切制(事前予約が必要です)

祈祷貸切制1
祈祷貸切制2
当神社の七五三祈祷は「祈祷貸切制」をとっております。※
お子様・お孫様にとって大切な一日。ご家族でごゆっくりお過ごしください。
※祈祷貸切制はご予約いただいた方に限ります。貸切制を希望される場合は、必ず事前にご予約ください。



ご用意いただくもの

お札・授与品を直接、子供さんに授与させていただきます

  • 紅白の「のし袋」に、ご祈願料を包んでお持ち下さい。
    上書きには「初穂料」下にはお子様・お孫様の名字・名前をお書きください。
  • カメラ等をご持参下さい。
    お子様にとられまして初めての公式行事です。
    祈祷が終わりましてお札・千歳飴等を当人に授与します。
    神主の合図に従い撮影してください。(祈祷中の写真・ビデオ撮影は出来ません)




ご祈祷について

  • 祈祷の申し込み 電話・メール・FAX いずれかでお申込み下さい。
    (希望日時・お子様の名前・連絡先をお伝え願います。)
  • 祈祷の受付時間 午前9時~午後5時
    ※正午~午後1時はご予約されていない方の枠でございます。複数組ご一緒に祈祷させていただきます。
  • 祈祷時間(受付けから祈祷終了まで)30分程度
  • 祈祷料は、いずれかをお選びください。
※着替えが出来る部屋があります。ご予約時にご相談ください。
※授乳やおむつ交換の出来る部屋があります。いつでもご相談ください。



七五三詣のようす

七五三詣のようす
七五三詣のようす



当神社の七五三詣

拝殿(長床拝殿)
拝殿(長床拝殿)外観
拝殿(長床拝殿)内観

 

本殿(重要文化財)
本殿(重要文化財)1
本殿(重要文化財)2
重要文化財・史跡に指定されている本殿で、思い出に残る記念撮影をされてみてはいかがでしょうか。



お申込み方法

期  間:11月の土曜日・日曜日を中心に、8月より受付開始(お盆も承ります)
祈祷時間:午前9時~午後5時
※正午~午後1時はご予約されていない方の枠でございます。複数組ご一緒に祈祷させていただきます。
七五三詣のお申込みはこちら
  • 交通アクセス
  • 由緒
  • 境内案内
  • 御祈祷
  • お問い合わせ