祝七五三詣


七五三詣とは

七五三詣とは

七五三は江戸時代の天和元年(1681)11月15日に第5代将軍である徳川綱吉の長男の徳川徳松の健康を祈って始まったとされています。
日本では古来より男女3歳で「髪置きの祝」「男児5歳に袴着の祝」、「女児7歳に帯解きの祝」をしています。そして、医学的にも3歳頃より言葉を理解し始め大きく発育します。その一方、お子さまの世界も広がり社会の危険や病気・ケガにも遭遇しやすくなります。3歳・5歳・7歳は「厄」でもあります。『7歳までは神の手の内』と言われる由縁です。
子供の穏やかな発育を神に祈り、先祖に感謝することは親心です。御両親はもちろん、御親族の皆様もご一緒にお参りください。
※当神社では七五三詣を年中受け付けております。
参照 『諸祭式要綱』 昭和40年 神社新報社/ウィキペディア
平成27年8月



令和三年度 ご祈祷について
(新型コロナウイルス対応)

拝殿祈祷

拝殿祈祷
1グループのみ、長床拝殿にて、ご祈祷いたします(約20分)。フィルムの設置、窓を全開にする等の対策をしております。

要予約
完全貸切(1グループのみ)

※冷暖房完備




青空祈祷

青空祈祷
御神殿前に拝殿と同じ様に祭壇を設けた御神殿前仮設祈祷所にて、ご祈祷いたします。

要予約
1組貸切制

※雨天の場合、拝殿内祈祷(窓全開)もしくは車中祈祷のいずれかになります。




車中祈祷

車中祈祷
拝殿前に車を並べて、車に乗ったままご祈祷いたします。写真は降車していますが、実際は乗車のままです。

予約不要(予約優先)
車に乗ったまま祈祷いたします

※1グループにつき2台まで
※ご希望があれば、お祓い・金幣拝戴は車外でお受けいただけます。






記念撮影について


記念撮影について

七五三詣はお子様・お孫様にとられまして初めての公式行事です。一生に数度限りの記念日を、是非ともレンズにお収めください。
祈祷が終わりましたらお札・千歳飴等をご本人に授与しますので、ご遠慮なく撮影してください。
※祈祷中の写真・ビデオ撮影は出来ません
※ホームページへの写真掲載を希望される方は、ご予約時にその旨をお申し出ください。






服装について

七五三詣の服装について

ご祈祷を受ける際の服装は、平服でも構いません。
お気軽にお参りください。






当神社の七五三詣

七五三詣のようす
七五三詣のようす


拝殿(長床拝殿)
拝殿(長床拝殿)外観
拝殿(長床拝殿)内観



本殿(重要文化財)
本殿(重要文化財)1
本殿(重要文化財)2
重要文化財・史跡に指定されている本殿で、思い出に残る記念撮影をされてみてはいかがでしょうか。
平成30年10月 第2殿修繕工事完了





ご祈祷・お申し込みについて

  • 期  間 定休日を除く年中(新型コロナウイルス対策の一環として)
  • 当日受付時間 9:00~16:00
  • 祈祷時間 7:00~19:00(8月中、七五三に限る)
  • 所要時間(受付から祈祷終了まで) 約30分程度
  • 祈祷の申し込み 御予約フォームよりお願いいたします。
※予約された方を優先とさせていただきます。
※時間内であっても外祭等で留守をする場合もございます。なるべくご予約の上お参りください。
※着替えや授乳おむつ替え、車椅子でのお参りにつきましてはお問合せ・ご予約される際にご相談ください。
※メールでのお申込みが困難な場合は、FAX又は電話にてお申込み下さい。(希望日時・お子様の名前・連絡先をお伝え願います)



ネットでの予約

七五三詣 御予約フォームよりお願いします。
受付時間:24時間 365日

電話:086-485-0105

受付時間 午前9時~午後4時


FAX:086-485-0065

申込票ダウンロード

  • 交通アクセス
  • 由緒
  • 境内案内
  • 御祈祷
  • お問い合わせ